シスターSの妄想とか日記。
妄想日記
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手お返事
2011年 11月 27日 (日) 21:29 | 編集
28日追記

オプティマスのコスプレ(youtube)

Sugeeeeeeeeeeee!!! 光りすぎてて笑った。

Cool Commercial : ルーカス・フィルムとタイアップするイギリスの家電量販店カリーズの「スター・ウォーズ」をフィーチャーしたCMに、ダース・ベイダーとチューイーが登場した新作を、まとめて2本、ご覧ください!!

凄く面白かった!

拍手ありがとうございます! ゆたんぽのごとく心があったかくなりました。
26日までに頂いたメール、拍手コメントのお返事はすべていたしました。入金確認済みの通販お申し込みは発送済みです。
ちょっとだけ前に書いたばんぶるびーににっきネタを直して再アップしました。
来週はばんぶるびーのにっきでいまさらポッキーネタを更新します。

20日

>Mさん

すっかり遅くなりましたがご連絡ありがとうございます。27日に投函完了しているようですので、もし届いていなかったらご連絡ください!

24日

>匿名にて~とコメントくださった方

何度も読み返していただいてとても嬉しいです! コメントも頂いてまた嬉しいです! ありがとうございます~。メガさまは、俺は悪くない全身舐めたくなる体をしているプライムが悪いと言い切ってオプティマスに顔を狙われます!
来週更新いたしますので見てやってください。またニヤニヤして頂けるようにがんばります~。


旅から無事帰ってきました~。みくろたかなさんがやたら鹿とこつぶっことお大師様に執着していた旅でした。
神戸、梅田、京都を移動するときは阪急が凄く便利です。
以下旅行記

神戸三宮

・商店街では靴の種類が多くて安い。
・中華街(南京町)は横浜中華街と比べるとかなり小さいのでガッカリするかも。横浜と同じく出店がでていて、好物の中華粥(200円)、エビ団子(1個100円)を頂きました。帰りに森谷商店のミンチカツ(120円)を食べてお土産に冷凍のすじこんを購入。
・神戸空港からすぐ近くの神戸花鳥園は思ったよりも小さく鳥の種類も少なかったですが、鳥好きの私たちはうずら(超かわいい)や水鳥にエサをやったりバイキング(けっこう美味しい)の素あげ野菜やチョコレートフォンデュに夢中になったりカモのふーちゃんに噛まれてアザを作ったりとかなりエンジョイしました。ふーちゃん、触ってくださいって書いてあったので触るとかなり強く噛まれたんですけど、そばにいた係員さんは触る前に注意なし。私とみくろさんはゲラゲラ笑って喜んだけど子供やお年よりは大丈夫かなとちょっと心配になりました。
檻無しで梟や隼などの猛禽類を凄く近くで見られます。バードショーでは大きな梟が音も無く飛ぶのに感心しました。ロビーでは大きな鉢植えが2000近く天井から下がってて凄く綺麗です。水鳥がいる池だけ外ですが他は温室なので、雨でも冬場でも快適です。重箱が可愛いふくろう弁当は即売り切れるので買うなら入ってすぐにをお勧めします。
・花鳥園の後は徒歩10~15分のところにあるIKEAへ。周りに建物が無いのとIKEAがかなりでかいので近そうに見えますが結構歩きます。IKEAのでかすぎる倉庫がやたら好きだ。

明日香村

・「あすかの民宿 若葉」さんで一泊(朝夕食事つき一人6300円)牛乳ベース+生姜風味の飛鳥鍋がおいしかった。建物は凄く古く、ビジネスホテルのような綺麗さや便利さは望めませんが、寝具、トイレ、お風呂は新しく、宿のオーナーさんはとても親切です。岡寺のすぐ近くですが、近鉄岡寺駅からはかなり遠い(徒歩一時間)ので、バスが無くなる5時以降はタクシーを電話で呼んでの移動になります。バス停からは徒歩5分くらい。
・岡寺はとても立派な寺で葉はまだあまり赤くなっていませんでしたが綺麗でした!
・明日香村は大雨のため、一泊して岡寺へ行った後はすぐ奈良へ向かいました。残念……。

奈良

・法隆寺へ行きましたが大雨でさんざんでした。奈良博へ行ったほうがよかったかもなー。大雨でも法隆寺は人が大勢いたのでさすが。仏様は相変わらずすばらしかった。
・夕食はかめやでお好み焼きと鉄板焼き。うまい。
・ならまちにある「新田旅館」さんで一泊(素泊まり一人3,900円)こちらはどこも満室でも部屋があいているのがありがたい。気さく(すぎる?)で大雑把なおばちゃんが一人でやっているので、水周りとかが綺麗ではない。風呂の準備中に話しかけたらお湯入れるの忘れて水だけ風呂になっていたとか、隣の話し声丸聞こえとかそんな宿なので細やかなサービスとか清潔さを求める人には地雷。立地的には、興福寺の五重塔が見えたり徒歩で東大寺までいけるので、早朝6時から東大寺、奈良公園、春日大社を2時間散歩してきました。早朝だと人がいなくて凄くいいです。(東大寺は有料エリアの大仏殿には入れません)
・今回の旅では奈良公園の紅葉が一番綺麗でしたがみくろさんは鹿せんべいをあげることしか考えてなかった。しかし鹿せんべいは早朝すぎて売ってなかった。
・散歩の後は、浄瑠璃寺、岩船寺へ。京都にあるけど奈良からが近いです。浄瑠璃寺は紅葉も仏様も綺麗でお勧め! のどかなハイキング、岩船寺前の無人販売所(野菜、おかき、漬物等)が楽しい! みくろさんが買ったおかき(100円)が激ウマでした。

高野山

・空海テーマパークみたいなところ。普通に町だけど寺とお坊さんと観光客が大勢いる。高野山行ってから旅の終わりまでお大師様ブームが続いた。
・紅葉は終わったそうですがまだ綺麗でした。
・成福院さんの10000円(ネット割引で10%オフ9,000円)のお部屋に泊まりました。前回よりグレードの低い部屋に泊まったので満足度は下がりました。以前のお部屋は庭が見えてとても風情があったけど、今回のお部屋は庭が見えず新しくて綺麗だけどつまらなかった。二度目なせいか料理の感激度も薄く……。(あくまで品数が多かった前回と比べて。料理自体は凄くおいしかったです)今回は小食のみくろさんにあわせて10000円の部屋に泊まりましたが、個人的には11000円(割引で9900円)の部屋のほうが庭が見えて料理も豪華になるのでかなりお勧めです。(でも、それでもみくろさんは食事の量が多く残したので小食の人はきついかも)
・布団に湯たんぽを入れてくれたのがすごくよかったです。お風呂も大きくて綺麗で朝風呂も入れてかなりいい!ちなみにハンドタオルはいただけますがバスタオルはありませんのでご注意。
・後で知りましたが、紅葉が終わったら高野山はオフシーズンとのこと。道理でお寺の人も参拝客、観光客もいなかった……。オフシーズンなせいか、サービス的に「ん?」と首をかしげることが多く、法話や精進料理、朝のお勤めも(お坊さんが少なく)やや期待はずれ。前回が凄くよかっただけに残念。
・毎月20日は、夜の奥の院へお参りするお逮夜ナイトウォークというイベントをやっており参加してきました。夜の墓場を提灯もって最奥のお堂にお参りし、お経を聞いて法話を聞きました。寒かったけど楽しかった!
・21日(お大師様の日)に2100円で精進料理が食べられる報恩プランを利用して恵光院さんでお昼。凄くきれいで風情の有る個室に案内してもらい、お箸もついてて料理もおいしかったです! ただ、報恩プラン料金の話がうまく伝わってなくてちょっと難儀しました。普段は2700円らしい。報恩プランはどこのお寺になるかはお任せですが、予約のとき場所の希望を言えば聞いてくれるっぽいです。(奥の院近くとか金剛峯寺近くとか)
・恵光院さんは、20日には5000円のお得な宿泊プラン(ただし相部屋)があります。20日だけでなく、有料ですがお坊さんが説明しながら奥の院まで夜参りできるそう。お逮夜ナイトウォークの出発のとき一緒になりましたが、外人さんもかなりいました。ちなみにイケメンで英語ペラペラなお坊さんが引率していた。
・高野山行ったらぜひ大師教会でお授戒を受けてください。
・奥の院のお墓の説明文がかなり私情入ってて上杉sage武田ageなので笑った。
・奥の院では、武将の墓ゾーンだけでなく、ロケット墓とか福助墓とかしろあり安らかにねむれ墓を見て一周するのがお勧めです。UCCのコーヒーカップ墓の中にはちゃんとコーヒー(色の石)が入っています。
・ここらへんは柿の産地で電車からたくさん柿畑が見えました。みくろさんがここの柿にはまってかなり食べていた。
大楽庵さんにて数息観を体験(1050円)。楽に座って50分くらいは余裕で瞑想できました。お茶とおいしいお菓子を頂きいろいろなお話を聞きました。台湾コーヒー(台湾で豆から作ってる)も、手作り最中(あんこと最中を自分で合体させる)もすごいおいしかった!

うろ覚えな部分もありますが大楽庵さんで聞いた法話。いろいろ聞いたけど覚えてる分だけ。

・まずは曼荼羅の説明。曼荼羅には何千もの仏が描かれているが、元は一人である。仏は様々な人々の様々な状況に応じて姿を変えるため、海の砂粒よりもっと多くの仏がいる。
・仏教では、基本的に自分のなかに仏様の種があり、その種を育てることによって自らも仏になるという考え方が有る。たとえば禅宗では厳しい修行をして、今日の自分よりよい明日の自分を目指す。だけど、真言宗では、今あるがままの自分がすでに完成された仏と考える。
・友達に言ってはいけない一言を言って絶縁されても、そのことを気にやんではいけない。その言葉を友人に言うために仏が姿を変えたのがあなたなのだ。
・電車に乗り遅れた自分を悔やんではいけない。その電車を乗り遅れたことによって体験することが必要なため、電車に乗り遅れたからだ。だから、ああすればよかったこうすればよかったと思わず、電車に乗り遅れたありのままの自分を受け入れて、これからどうするかを考えなさい。(ここの部分はちょっとうろ覚えでうまく説明できてない。なんかとにかくやっちゃったことでも意味があるんだからくよくよすんな! みたいな感じだった)
・仏である自分を信じなさい。特に体が言っていることは正しい。たとえば人に会った時思わずイヤだと後ずさったら、こんなこと失礼だとか色々考えてしまうけどこういう時は体の反応が大抵正しい。

奥の院で聞いた法話(同行二人の昔話?)

・昔、若い頃ものすごく苦労した男がいた。男は何度も死にたいと思ったが、最後には幸せを掴み、やがて亡くなった。亡くなった男がふと気づくと、一面の雪景色で目の前にお坊さんがいる。男はお坊さんに「お大師様ですか?」と聞くとお坊さんが頷いたので、男は文句を言った。「私は辛くて死にたいと思ったときに何度もあなたにおすがりしたけどあなた全然助けてくれなかった!」それを聞いたお大師様は、男のすぐ後ろを指差した。男が振り向くと、男の足跡の少し後ろにもう一つ足跡がついていた。お大師様は「私はあなたとずっと一緒に歩いていたけど、後ろにいたのであなたは気づかなかったのだ」と言った。男が足跡をよく見ると、足跡が一つしかない部分が数箇所有るので、「これはどうしてですか?」と聞くと、お大師様は「あなたが辛くて歩けないときに、私があなたを背負って歩いたから」と答えた。

京都

・高野山降りたら暖かくなるだろうと思ったら京都も4℃で泣けました。
・大原、貴船の紅葉は今のところほとんど茶色で葉が落ち、かなりガッカリ状態。三千院は全くダメでしたが寂光院はそこそこ綺麗だったのが救いでした。寂光院までの田舎道が綺麗でよかったなー。
・貴船はまだ青葉のほうが綺麗だっただろう状態だったけど、夕方からのライトアップ(貴船もみじ灯篭)で雰囲気はよかったです。
・ライトアップは、17時ごろから暗くなって綺麗ですが人がどっと増える(特に貴船神社の灯篭前)ので少し前に来てスタンバってたほうが綺麗。
・大原、貴船ともまだ青葉の分が紅葉するかもとのことですがどうかなぁ……。
・鞍馬寺行ってきました。有名なパワースポットで体が熱くなったとか言ってる人がいたけどまったく何もおこらなかった。鞍馬山の説明(650万年前に金星から来た、永遠に16才の少年の姿をした宇宙エネルギーである魔王尊とか、尊天とは「すべての生命の生かし存在させる宇宙エネルギー」であるとする。また、毘沙門天を「光」の象徴にして「太陽の精霊」・千手観世音を「愛」の象徴にして「月輪の精霊」・魔王尊を「力」の象徴にして「大地(地球)の霊王」としている。とか)がかなり電波(失礼)なせいか、650万年前に金星から来た「尊天」を祭る魔王殿で奇行をする奴が後を建たないらしく、護摩をたくな、火で料理するなの注意書きに、変な事してたら身を滅ぼすから普通に真面目に生きろ。みたいなことを書いてて笑った。
・鞍馬寺から1時間ほどハイキングすると貴船にいけます。山肌むき出しの部分とか下りがきつい部分とかあるけど歩きやすい靴ならぜんぜんいけます。(でも雨の後はお勧めできない)立派な杉の木がすがすがしい山で、土壌が硬いため地上を這う杉の根が面白いです。温泉も行きたかったなー。
(ちなみに伏見稲荷の奥もかなり面白いハイキング道です。こちらは鞍馬山より道がきちんと塗装されて綺麗)
・大原から鞍馬山へは、叡山電鉄の宝ヶ池乗継でいけます。私は、大原からバスで八瀬駅へ出て宝が池まで行き、駅員に切符を見せて乗換えを伝え、鞍馬行き乗り場へ移動しました。たまたまバスで隣になったおばちゃんと雑談してたら行き先の話になり、行き先が一緒だったおばちゃんはバスで出町柳まで出るつもりだったけどそっちのほうが早いね! と喜んでいたのでいいことをした。
・けいおん電車には出会えませんでした。
・最終日は八坂神社、円山公園、知恩院を巡りました。知恩院は法然上人800年大遠忌(メインイベントは10月で終わったけど)ということで気合が入っていた。今回巡ったお寺すべてで東日本大震災の供養をしていました。
・洛北以外の紅葉は見ごろではなかったので行かなかったのですが、通りすがりにチラッと見た感じでは一部分だけ綺麗に色づいた木があり洛北よりは期待できそうでした。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 妄想日記 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。